close

三宜楼茶寮 店内の様子

このページのご紹介内容

エントランス

昭和6年から残る九州最古の大型木造建築物である三宜楼のアプローチには、歴史を物語る井戸や欄間など、門司港を代表する料亭としての設えが今も残り、静かに時をとどめています。

しっとりした上質な門をくぐり、昼に夜に表情を変える石畳に歩を進めると、門司港の繁栄を偲ぶ時代へのタイムスリップが始まります。

エントランスの写真

2F 大広間

大広間の写真

2Fに設けられた大広間は、通称「百畳間」と呼ばれ、三宜楼のシンボル的な部屋として今も残っています。「百畳間」の舞台では、しばしば能など伝統舞踊が演じられ、様々な芸術家や文人が訪れたとも伝えられています。

定員人数 13~70名
特色 忘年会、歓送迎会や同窓会、ご披露宴、法要後のお食事など、様々なシーンでご利用いただけます。

1F 和室

和室の写真

石庭に囲まれた和室は全4部屋あり、下地窓や欄間など、各部屋ごとの変化に見ごたえがあります。ご夫婦やカップルでのお食事、ご家族やご友人とのご会食、接待や結納、顔合わせなど幅広くご利用いただけます。旧料亭の落ち着いた雰囲気をご堪能ください。

椅子テーブル席

定員人数 4名、10名

お座敷

定員人数 6名、12名

お食事のご予約 心からのおもてなしでお客さまをお迎えいたします。

お電話でのご予約

  • 0933212651
  • 受付時間 10:00~20:00(月曜日は除く)
トップに戻る